コーポレート・ガバナンス

コーポレートガバナンスの基本的な考え方

OKKは、株主及び投資家、地域社会、取引先、従業員等の各ステークホルダーとの間の良好な関係を保ちながら、コーポレートガバナンスの充実に努め、次の100年を目指す企業体にしていきます。当社の意思決定の透明性・公正性を確保して実効的なコーポレートガバナンスを実現していきます。
なお、OKKのコーポレート・ガバナンスに関する基本的な枠組み及び考え方を「コーポレートガバナンス・ガイドライン」として取り纏め制定いたしました。コーポレートガバナンス・ガイドラインの内容は下記リンク先をご覧ください。

ページの先頭へ