製品情報

  1. OKKアプリ
  2. Win GMC7X CAD機能
  3. A5 system
  4. CUT Tuner

Cut Tuner

びびらない最適な加工条件を探索する機能

概 要

加工条件(切り込み量、工具の回転速度および送り量)を上げていくと、びびり振動が発生する事があります。このような時にCutTunerをご使用頂くと、熟練者でなくても最適な加工条件を決定する事ができます。

特 徴

びびり振動が発生した時に、画面のボタンを押すだけで、切削条件(主軸回転数・送り速度)が自動で調整され、びびり振動が治まります。 テストカット時にご使用頂くと、切削条件の決定が簡単に行えます。

加工事例

CutTunerをテストカットに使用し、より良い切削条件を導き出せた事例です。
エンドミルでの側面加工、溝加工、ポケット加工などで効果を発揮しました。

事例1 エンドミル側面加工

メーカ推奨条件の約2倍の切削能力が実現しました。
(径方向の切削幅 推奨値 0.6mm ⇒ 1.0mm で加工)

  • 機械: VM43R
  • ワーク材質:S45C
  • 工具:ソリッドエンドミル φ12mm
  •    工具突き出し 50mm
  •    切り込み深さ(Z) 30mm
  •    切削幅(径方向) 1.0mm
  • 主軸回転数 3250 ⇒ 3966min-1
  • 送り速度 1040 ⇒ 1269mm/min
事例2 スローアウェイチップで溝加工

切込み(Z方向)を3.2mmまで増やしてびびり振動が発生しましたが、CutTunerで条件を探索し改善。

  • 機械: VM43R
  • ワーク材質:S45C
  • 工具:チップ式エンドミル φ25mm
  •    切り込み深さ(Z) 3.2mm
  •    切削幅(径方向) 25.0mm(溝加工)
  • 主軸回転数 2650 ⇒ 2386min-1
  • 送り速度 1272 ⇒ 1145mm/min
事例3 ポケット加工

ポケット加工でのコーナー部の鳴き(びびり振動)が、CutTunerの使用で小さくなりました。

  • 機械: VM43R
  • 工具:ソリッドエンドミル φ12mm
  •    工具突き出し 50mm
  •    切り込み深さ(Z) 25mm
  •    切削幅(径方向) 0.1mm
  • 主軸回転数 3200 ⇒ 3936min-1
  • 送り速度 1024 ⇒ 1256mm/min
ページの先頭へ